耳鳴りを薬の副作用なく自宅で治療する方法

耳鳴りの薬の副作用とは!?

 

耳鳴りを薬の副作用なく自宅で治療する方法の詳細を見てみる

 

 

 

耳鳴りの治療法を探していて、耳鳴りの薬で副作用が出ている方も多いようですね。
現代社会はストレスが多様化していることもあり、原因不明の耳鳴りや難聴、めまいの症状を抱える方が年々増え続けているようです。

 

 

これらの不快な症状はなかなかスッキリと治ることがなく、「年をとれば仕方ない」とか「命に関わることはない」から上手く付きあっていくしかない」「そのうち治るだろう」と放っている方も少なくありません。

 

 

最近は、市販薬の耳なり改善薬「ナリピタン」などもありますが、あくまで大衆薬であって耳鳴り以外の難聴やめまいなどを伴う症状が重い方には効果が望めません。
ある日、突然片方の耳が聞こえなくなる突発性難聴やメニエール病などそれにともなうめまいや耳鳴りがなかなか治らず苦労されている方も多くいらっしゃいます。

 

 

一般にメニエール病や突発性難聴など病院での耳鳴りや難聴、めまいなどに処方される薬には、抗めまい薬や抗不安剤(精神安定剤、浸透圧利尿薬、ビタミン製剤、ステロイド剤、抗うつ薬などがあり、それぞれの症状に合わせて用いられます。

 

 

●主な耳鳴りや難聴、めまいの薬の副作用

 

薬品名(商品名)

主な副作用

抗めまい薬 メリスロン、イソメニール、セファドール 眠気、発疹、頭痛、口の渇き、食欲不振など
抗不安剤(精神安定剤) セルシン/ホリゾン、ソラナックス/コンスタン、メイラックス、セディール 眠気、倦怠感、ふらつきなど
浸透圧利尿薬 イソバイト 下痢、吐き気、食欲不振、不眠、頭痛など
ステロイド剤 リンデロン、プレドニン イライラ、免疫力の低下、肌荒れ、不眠、血糖値の上昇など
ビタミン製剤 シナール、メチコバール、ビタメジン 稀に食欲不振、吐き気、胃の不快感など
脳循環代謝改善薬 アデホスコーワ、セロクラール 稀に食欲不振、吐き気、胃の不快感、頭痛、口の渇きなど
抗うつ薬 ドグマチール、ルジオミール、トリプタノール、パキシル、ルボックス 口の渇き、発汗、震え、眠気、便秘、筋肉のこわばり、排尿困難など
抗ウイルス薬 バルトレックス 吐き気、下痢、発疹、ふらつきなど

耳鳴りや難聴、めまいを自宅で改善する方法

病院で耳鳴りや難聴、めまいの症状に処方される薬は、耳鳴り自体が鳴り止む訳ではなくて、鳴ってても気にならない方向へ もっていってくれるだけの薬です。

 

 

当然、薬ですので効果には個人差があり副作用で辛い思いもしている方もいらっしゃいます。症状の重い方になると精神も抑うつ剤で持たせている状態と言う方もおられます。

 

 

これまでサプリ・漢方・ステロイド・補聴器・カイロや病院での薬を服用しても効果がなく耳鳴りた難聴、めまいと一生付き合っていくしかないかと言うとそうでもありません。

 

 

世田谷治療室の佐藤信雄先生と言う健康関連の雑誌に特集されたり「治らない」と医者に見捨てられた方が殺到する治療室として有名な先生がいるのですが、その先生が自宅にいながら薬や器具などを使わずに安全に、、お金をかけず一人で出来る改善法(治療法)を出しています。

 

 

実際に、この治療法で、これまで病院での薬など様々な治療をしても、治らなかった耳鳴りが無くなり、夜もぐっすり眠れるまでに改善している方が多数おられます。

この治療法が多くの人に選ばれる理由とは!?

1日5分から自宅で簡単にできる
耳鳴りが消えた人が続出している
聴力が回復し、クリアに電話も聞こえる
薬が不要で副作用がなく、安全で健康的。
佐藤先生は40年以上の実績があり、相談や直接指導も受けられ安心。

 

 

など、薬に頼らなくなったので副作用もなく体の調子が良い、ストレスが無いなどの多くの方が選ばれる理由があります。
もちろん、どんな良い治療法にも効果に個人差がないものはありませんが、半年行ってみて効果がなければ返金して貰えると言うことも多くの方から選ばれている理由と言えるでしょう。

 

 

また、治療する医師でさえ、耳鳴りや難聴、めまいなどは原因不明とかこれ以上良くならない!慣れるしかないと患者さんに伝えてしまう現実があります。
ですが、これらの症状を改善できる治療法があるにも関わらず、患者さんの多くは、「薬でごまかすしかない」とか治すのを諦めてしまっている人も少なくありません。

 

 

ですが、ほとんどの病気には必ず何かしらの原因があり、しかるべき治療法はあります。
そんな医者にも見捨てられた患者さんでも、改善すると評判の治療法は下記から詳しくご覧になれますので参考にして下さい。